妊活サプリによく含まれている成分には何があるの?

 

妊活サプリとして使うことができる成分として知られているものには、まず葉酸が挙げられ、特に女性には葉酸は不可欠とされる栄養素だと言われています。

 

葉酸は2002年度からは摂取の推奨が母子手帳にも記載されるようになった栄養素であり、妊娠前、妊娠初期にかけて胎児のために重要だと考えられているビタミンの一種です。

 

 

胎児が成長し、細胞分裂をする時に重要な役割を果たすことから、不足しないように妊活サプリで摂取することが求められ、男性も胎児の奇形が起きないようにするために妊活の時には葉酸をできるだけ摂取することがよいと言われています。

 

このほか、男性は生殖細胞の働きに関係するアスパラギン酸を摂るためにも、マカというハーブの1種を妊活サプリとして取り入れるようにすることをおすすめします。

 

もちろん、マカは女性の妊活サプリとしてもよいもので、含まれているビタミンEがホルモンの分泌を促したり、子宮の冷えを改善し、妊娠しやすくすると考えられています。

 

同様にリジンという成分が受胎するパワーをつけてくれることが期待されているものです。

 

 

そのほかにも妊活サプリとして摂ることがおすすめだと言われている栄養素には鉄分や亜鉛といった栄養素があり、鉄分は特に妊婦の貧血を防ぐためにも重要なものだと考えられています。

 

妊娠中には多くの女性が貧血になると言われていることから、妊活中からしっかりと鉄分を摂取しておき、妊娠した時に貧血を起こさないようにしておく必要があるのです。

 

また、亜鉛はタンパク質を合成したり、骨を生成するために重要な働きをする栄養素であることから、妊活サプリでしっかりと摂ることが必要だと考えられています。

 

亜鉛に関しては男女を問わず妊活サプリとして取り入れるようにすることをおすすめします。

 

 

もちろん、そのほかの栄養素として、カルシウムやマグネシウムなども妊活サプリには含まれているため、不足しないように摂取するようにしておきましょう。

 

カルシウムはイライラを落ち着かせてくれたり、緊張した筋肉をほぐすという効果をもっているほか、ホルモンの分泌をスムーズにしてくれます。

 

マグネシウムはもともと体に存在しているもので、血圧や体温の調整などに関係しえるという重要な栄養素であることから、妊活中にもしっかりと摂取しておくことが必要だと考えられています。

 

これらの栄養素をきちんと摂るためには栄養バランスのよい食事に妊活サプリをプラスした生活にすることがおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加