知っておきたい妊活サプリの副作用・注意点

 

葉酸やマカは妊活サプリとして人気になっている栄養素ですが、副作用や飲む際の注意点がないかをチェックしておくことが大切だと考えられ、特に過剰摂取には気をつける必要があります。

 

妊活のために葉酸を飲みたいという場合、過剰摂取をしてしまうと吐き気や食欲不振、むくや不眠といった症状が現れることがあります。

 

体に合わないということも考えられるため、副作用と思われる症状が出てきた時には、飲む量を調節したり、一度中止することも考えて様子を見ましょう。

 

葉酸を摂る時には、念のためもうひとつ気をつけた方がよいと言われていることがあり、妊娠後期に葉酸を摂り続けていた場合、子供の喘息の発症率がおよそ30%高くなるということが調査の結果でわかっています。

 

 

また、マカについても注意点があるため、摂取した際、マカが体に働きかけたことで少しでも体調に異変を感じた場合には中止するようにしてください。

 

ハーブの1種とされ、自然に自生しているマカは、それほど重篤な症状を引き起こす副作用を持っているとは言われていないため、基本的には安全に摂ることができるとされています。

 

ただ、マカの成分はホルモンの分泌に対して働きかけることがあるため、大きな副作用はないとは言われているものの、ホルモンバランスが整う人もいれば、逆に乱れてしまうという可能性があると考えられます。

 

また、マカは体質によって合わないということもあるため、アレルギーのような症状が出てくることに注意しておく必要があります。

 

副作用が現れるという場合の多くは、マカが体質に合っていないということが考えられるので、少量ずつ飲んでみて体調をチェックすることをおすすめします。

 

 

そのほかにも多くの栄養素が妊活サプリとして使うことができ、ビタミンEをはじめとするビタミンや鉄分、亜鉛、カルシウム、マグネシウムといったミネラルを取り入れる場合もあると思われますが、これらの栄養素にもそれぞれ副作用や摂取するにあたっての注意点はあります。

 

さらに、妊活サプリにいろいろな栄養素を取り入れているという場合には飲み合わせによる副作用などにも注意しなければならないと言えるでしょう。

 

飲み合わせについては、相乗効果が期待できる組み合わせがあるように相性が悪い組み合わせがあるため、サプリの種類を増やす時などにはしっかりと確認する必要があります。

 

副作用を起こさないように妊活サプリを摂取するためにも、飲み合わせや飲むタイミングなどには注意しておきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加