【ビタミンE】抗酸化作用を持つ不妊症や更年期障害に効果的なビタミン

 

ビタミンEとは、抗酸化作用を持ち、不妊症や更年期障害にも効果があるとされている、食品でいうと油やアーモンドに多く含まれるビタミンです。

 

 

アーモンド

 

 

まず抗酸化作用について書きます。

 

りんごが茶色く変色したり鉄が錆びたりすることを酸化といいますが、それと同じような現象が人間の体内でも起こっています。

 

酸素やストレス、嗜好品や環境など様々な原因で日々、身体はサビていきますが文字通りそれに抵抗する作用のことを抗酸化作用といいます。

 

 

体内での酸化は、呼吸でとり入れられた酸素が体中に運ばれていく過程で、「活性酸素」という物質ができます。

 

この活性酸素が多くなると細胞膜などに存在する不飽和脂肪酸を酸化して過酸化脂質を作ります。

 

この過酸化脂質には細胞を壊す力がありこの過酸化脂質が増えると、身体の機能が低下して老化や病気を引き起こします。

 

 

ですので抗酸化作用のあるビタミンEは、動脈硬化などの様々な生活習慣病を予防したり老化の特徴であるシミの原因をふせいだり健康や美容には欠かせない栄養素だといえます。

 

そんなビタミンEには女性ホルモンなどの黄体ホルモン分泌に関わりがあるため、生理痛や生理不順、そして不妊症など女性特有の悩みを軽減する役割が期待できるのです。

 

 

ビタミンEを取り過ぎると

 

 

ビタミンEを過剰に摂取した場合、動物実験の結果から骨が減ってもろくなる骨粗しょう症になる恐れが高まるというデータが報告されている。

 

脂溶性のため体内に蓄積しやすいことからも過剰摂取は避けたほうが良いと考えられています。

 

ちなみにビタミンBは植物油に多く含まれていますので通常の食生活では欠乏する事はほとんどないと言われますので無理にサプリメントで補うような事をしなくても良いと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加