【ビタミンA】子宮環境を整える働きがあるビタミン

 

ビタミンAは動物にのみに見られ、レチノールともいわれています。

 

β−カロテンなどは、動物の体内においてビタミンAに変換されるものですが、それらを総称してプロビタミンAと呼びます。

 

ビタミンAには、子宮環境を整える働きがあるといわれています。

 

ビタミンA

 

しかし妊婦さんの多くはビタミンAが不足している状態であり、ビタミンの欠乏により赤ちゃんにトラブルが発症する
可能性もあります。

 

ただ、ビタミンAが含まれている食材はとても多いため、バランスの良い食事を摂っていれば問題がないといわれています。

 

 

日本の厚生労働省では妊婦のビタミンA摂取量は、上限許容量が5000IUとされています。

 

そして1日10000IU以上を連日摂取してしまうと奇形発生の確立が増加すると考えられる報告もあります。

 

 

ちなみに以下の食材はビタミンAを多く含むものです。

 

100あたりのビタミンAの数値も書いておきます。

 

  • 牛乳 120IU
  • 有塩バター 1600IU
  • プロセスチーズ 850IU
  • 鶏卵 460IU
  • うなぎの蒲焼 4500IU
  • 豚レバー 39000IU
  • ほうれん草 2100IU

 

などです。

 

ほうれん草などの緑黄色野菜はβ−カロテンという形で含まれていて、体内でビタミンAに変化します。

 

身体にビタミンAが足りている状態でしたらビタミンAには変わらないので量を気にしないで摂れ、安心だといわれています。

 

 

しかし鳥のレバーや豚のレバーはビタミンAが豊富に含まれているため食べ過ぎないように注意した方が良いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加