高齢出産の現在の傾向について

 

高齢出産

出産は少しでも早く若いうちにした方が良いというのは、今も昔も変わらないことですが、若いうちは好きな仕事に打ち込んで結婚も遅くなりがちな現代では、当然出産する年齢も高くなっているのが現実です。

 

高齢出産とは、女性が35歳以上で出産することと、医学上や統計上定義づけられているものです。

 

この年齢をボーダーラインとして妊娠中から出産まで様々なリスクがあると言われています。

 

 

そして35歳を過ぎての妊娠・出産は、検診時にも高齢出産なんだということを痛感させられるようなことが度々起こるのが現実です。

 

例えば、妊婦検診の回数や検査の回数が多いことです。

 

しかし、女性の社会進出や結婚相手に恵まれずに独身でいる時期が長いために高齢出産となってしまう人が多いのが実情で、今では35歳以上で初産という人も珍しくない時代となっています。

 

では、高齢出産のデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

 

 

高齢出産のデメリットは?

 

まず高齢で妊娠して気になるのは、赤ちゃんが何らかの障害を持って生まれてきてしまうのではないかということです。

 

高齢出産が必ずしも、何らかの障害を持った赤ちゃんが生まれるということはありません。

 

しかし、ダウン症などの出生率が上がってしまうのは事実です。

 

 

また、流産のリスクが高くなってしまうとも言われています。

 

高齢出産での流産の原因の多くは、卵子の老化によるところが多く、流産の確率も20代と比べると倍になってしまうようです。

 

 

そして何よりも体力の衰えが気になります。

 

妊娠・出産、そして子育てと正直、体力勝負な場面がたくさんあります。

 

出産は生んでしまえば終わりというのではなく、長い期間をかけて育てていかなくてはいけません。

 

今日は疲れているから子育てはできません。という訳にはいかないので少しでも体力の衰えを感じることがないように日頃から鍛えておくことが大切です。

 

 

高齢出産のデメリットは色々ありますが、高齢出産だからこそのメリットも沢山あるので出産したいと思ったら自信を持って妊娠して元気な赤ちゃんを出産してくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加