妊活に適齢期はあるのか?

 

適齢期

妊活は、妊娠したいと思った時から始めるものですが、妊活に適齢期と言うものはあるのか気になるところではないでしょうか。

 

女性が妊娠すると良いとされている年齢は、質の良い卵子を作り出すことができる20歳〜34歳頃までと言われています。

 

体も妊娠に一番適応することのできる年齢のため妊娠するタイミング的には、母子ともにこの頃の年齢が妊娠に最適とされています。

 

この妊娠すると良いと言われている年齢が妊活の適齢期となるのですが、20代の頃に妊活のために何か積極的に行動するという人は少ないと思います。

 

 

就職して結婚そして出産を意識し始める20代後半から30代にかけて妊娠したいけれどなかなか妊娠できないという風に思い始める頃が妊活を始めるのに最適な時期ではないかと思います。

 

妊活はできれば30代前半に始めて妊娠するのが理想的です。

 

35歳を過ぎてしまうと卵子の数が減少を始めるだけでなく、卵子の質自体も低下していくため年齢が経過するごとに妊娠しづらくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

また、なかなか妊娠できない焦りから積極的な不妊治療を行っていくことが多く、妊活のための費用も高額になっていく場合が多いと言われています。

 

 

これらのことを考えても妊活の適齢期は、30歳〜35歳と思っておくと良いでしょう。

 

しかし、これはあくまでも理想的な妊活の適齢期とされているだけで、35歳を過ぎてしまったから妊活はやめておいた方が良いということはありません。

 

妊娠したいと望んだ時から、妊娠するために良いと言われている生活習慣や食生活を心がけていくことは大切なことです。

 

 

また、女性だけに妊活の適齢期はあるのではなく男性にも適齢期があります。

 

男性の妊活に適した年齢は40歳くらいまでです。

 

この頃を過ぎてしまうと精子の数や運動率が下がってしまうので妊娠する確率も低下していくと言われています。

 

ですので女性の妊活適齢期だけでなく、男性の妊活適齢期も考慮して妊活を行うことが大切です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加