妊活で助成金をうまく活用するためにはどうしたらよい?

 

助成金

妊活には様々な方法がありますが、その方法によってはお金がとてもかかる場合があります。

 

妊娠するのにお金がかかってしまうなんて嫌だなと思ってしまいますよね。

 

 

そこで実際に妊娠したいのにできないという精神的苦痛と経済的負担による苦痛のどちらか一方を解消するためには、国からの助成金をうまく活用し経済的負担を少しでも軽くできると良いですね。

 

 

妊活で助成金の対象となるのは、体外受精や顕微授精などの方法以外で妊娠の見込みがない、もしくは極めて少ないと医師の診断をうけた夫婦。

 

ここでいう夫婦とは、法律上の婚姻の関係にある男女のことを言います。

 

 

妊娠するために不妊治療を行っている夫婦は、まずそれぞれ妊娠することのできる体であるかどうかの検査や診察を行った後、妊娠するための治療を行っていきます。

 

質の良い排卵を促すための薬の投与や、排卵のタイミングを診断する方法、受精し着床しやすくするための薬の投与など不妊治療は様々な方法で行われていきます。

 

この方法を排卵のタイミングを見計らって毎月行っていくのですが、それでも妊娠に至らない場合は、段階を経て体外受精や顕微授精を行っていきます。

 

しかし、体外受精や顕微授精は、費用が高額なので定期的に行いたくても経済的に厳しいという夫婦が多いのが実情です。

 

 

そこで厚生労働省は、夫婦合算で730万円以下という所得制限を設けた上で、1回15万円を1年に2回まで、通算で5年間支給する助成金の制度を設けました。

 

妊活での助成金は、住んでいる各自治体が申し込みなどの取扱を行っていて、医療機関は指定されている場合が多いようです。

 

 

妊活で助成金をうまく活用するためにはどうしたらよいのかは、まずは不妊専用の医療機関へ受診し治療をどの程度行っていくのかを夫婦でしっかり話あうことから始まります。

 

どこまで治療を行っていくのかというのをしっかりと決めてから利用することのできる制度は有効に利用するようにして、少しでも負担なく妊活を行っていくのが理想的ではないでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加